game のすべての投稿

経験して分かる保険の重要性を身をもって体験しました

経験して分かる保険の重要性

祖母がかんぽ生命保険をいくつかかけていて助かった事が多いです。祖母が父や祖父、自分自身保険を支払っていたのを知っていました。うちの家系はあまり病院に行く方ではなく、祖父母は小さな診療所で毎月飲み薬をもらうぐらいだったので保険加入が無駄な気がしていました。
そんな元気な祖母でしたが入退院を繰り返すようになりました。体内に膿ができ、ICUに1ヶ月近く入っていた事もあります。祖母の頑張りで毎回回復をし退院する事は出来ますが、自宅には1ヶ月も入れず病院に戻る事もありました。介護の為に仕事を続けるのが難しくなり、家族内でフリーターだった私がアルバイトを辞めて介護に専念しました。
仕事を辞めると私の分の収入は無くなり、家のお金でやりくりする事になります。祖母は年金暮らしなので入院費が続くと生活はドンドン苦しくなってきました。入院していても家賃は必要ですし、税金などもかかります。私自身学生で保険の手続き方法をした事がなく制度が分かっていなかったのですが、祖母が生命保険が入るかもと言うので話を聞きに行きました。言われた通り、病院の診断書を取り寄せるとこれまで分も簡単に支払ってくれました。確認などにもっと時間がかかるのかと思いましたが割とスムーズに入金されて本当に助かりました。
元気なうちは不要で無駄なように感じますが、病気になった時は何よりも助かるものです。祖母は自身で3件入っていてくれました。1社は怪我時の保険で使う事はなかったですが、2つの生命保険のおかげで入院費用の自己負担はほとんどなかったと思います。お年寄りの入院費は安くなってるのですが、食費や紙おむつ代は別で請求のため意外と多くなります。生命保険に加入がなければ隙間時間にアルバイトをし祖母の看護と祖父の介護をする事になったと思います。祖母の判断の正しさに感謝しています。祖母が亡くなってから知ったのですが、死亡保険も振込まれました。葬儀が思っていた以上にお金が必要だったのでこれまた助けられました。祖父が入院した際は保険加入が1件だけだったので全ては賄う事は出来ませんでしたが、祖父の看護だけでしたので仕事を続ける事が出来たので大丈夫でした。親戚が少なく介護、看護をする人員が確保できない人は自由に使えるお金が減ったとしても加入しておくべきだと思います。年配者は死亡保険があるかを確認しておくべきだと思います。備えあれば憂いなしとはこの事なんだと思いました。

趣味にまわすおこづかいを増やすお金に対する取り組み

家内と私立にかよう2人の高校生と中学生の娘がいます。もちろんのこと、かなり家計は苦しいといえるでしょう。お小遣いももちろん、増えることは一生ないと思われます。さらに自分自身の趣味が競馬とゴルフということでかなりの出費があります。そこで自分自身dね対策を練っています。まずはお小遣いの節約です。お弁当はもちろん家内に作ってもらいますし、ペットボトルのジュースも購入がもったいないので自身でお茶を持っていきます。さらに新聞はアプリで全紙面がチェックできるものがあるのでそちらを活用。もともとお酒は飲まないので決まった宴会以外は不参加といった具合です。ここまでしっかり行えば、かなりのおこづかいになります。特別なことがなければ4万円をもらってますがほとんどを残すことができる状態です。さらに節約だけではなく、増やすことも逆に考えなければなりません。そこで、週末を中心に会社にばれないインターネット副業を実践中です。アンケートサイトやポイントサイトはもちろん、クラウドソーシングのライティングなどを行っています。これだけで毎月30000円以上のお小遣いになります。要するにもともと家計から出てくるお小遣いと副収入の合計70000円が自分で自由になるお金ということです。これだけあれば、自分自身の楽しみである趣味にはそれなりに潤滑に利用することもできるので非常にありがたいと思っています。
もちろん、頑張って副業収入を増やすこともポイントになるのですがあまりこちらに注力してしまうと逆に趣味に回す時間がなくなってしまい、本末転倒になってしまうのでこのあたりのバランスは気をつけるようにしています。
世の中にわたしのような苦労をしているサラリーマンはたくさんいるかと思いますが、まずはこうした取り組みでお金をうまくまわすような考え方をしてみてはいかがでしょうか。きっと、うまくいくものも出てくると思います。

お金を持っているという事は本当に幸せな事なのか

10年ほど前の事です。当時交際していた女性がテレビでこんなシーンを見たと話していました。ざっくり言うと、インドの山奥に住む年配の男性にテレビクルーがインタビューをしていて、その最後に「幸せになる条件は何ですか?」という質問を投げかけたところ、老人の答えが「お金を持たない事」だったと。彼女はそれに感心したようです。「そうだよね!お金じゃないよね!」という具合です。そして私にも感想を求めてきました。当時の私は「インドの山奥ならそれでもいいかもしれないけど、日本では通用しないよね」と考え、そのまま彼女に回答しました。彼女は「なるほどー」と言っていました。

10年経ち、多少は私も成長したのでしょう。今、それについて改めて考えてみるとまた違った角度からのアプローチが取れそうです。

そのインドの老人はお金に縛らているな、と思うのです。お金を持たないことが幸せに繋がるという老人、その彼がお金に縛られていると私が考える理由は「幸せの尺度をお金に求めているから」です。お金があることが幸せ、お金がないことが幸せ、逆の事を言っているようですが同じ座標軸上での話です。それはy軸が幸福度でx軸がお金の関数で、y=xか、y=-xかの違いでしかありません。幸福度と人間関係、幸福度と仕事、幸福度と趣味・・・いろいろな関数が立てられるはずなのに、x軸をお金に固定してしまった老人、ちょっと寂しく思います。

これはそのまま金の亡者と清貧の違いに当てはめることが出来ます。お金に異常にポジティブか、異常にネガティブか。試しに彼らに討論会でもやらせてみたらどうでしょう。双方ともに「お金が、お金が、お金が」と文中に何度も「お金」が出てくることでしょう。野球でいえばノーアウトランナー1塁で送りバントをするか、打たせるかの討論をしているに等しいです。どっちもどっち結局野球の話じゃん、というところです。激しく罵り合っていたって同じ穴の狢なわけです。

私はお金が欲しいです。あったらあっただけ安心感を得ることが出来るでしょう。両親もいい年齢です。介護はどうするのか、考えたくもありませんが直面しなければならない時は確実に迫っています。さぞお金がかかることでしょう。ちょうどその最中にいる知人が苦悩しています。「家計が毎月大赤字だ」と。また、人生がドン詰まったときに思い切って環境を変える費用にすることも出来ます。引っ越しにかかる費用も馬鹿になりません。移住先でちゃんと収入を得られるのかどうかも怪しい限りです。

現代社会での多くのケースでお金が絡んできます。そして多くの問題を解決してくれます。なんとも便利な道具です。・・・そう道具なんですね。あまりにも使い勝手が良すぎてつい忘れてしまいます。いっつも付いて回って悩みの種になるものだから。でもやっぱりただの道具です。ある道具を持っていれば幸せ、不幸せ、そんなことはないですね。無さ過ぎて不幸せ、は分かりますが。お金に囚われすぎない思考を保ちたいものです。

おまけにもう一つ。インドの老人が言った「お金を持たない事」について疑念があります。半ば仙人みたいな生活をしている人がお金に囚われている事が不自然に思うのです。なので「そのじいさん、テレビ局の仕込みじゃねーか?」と。

お金は黙っていては増えない!増やす努力をしよう

お金は、ただ稼ぐだけでは増えないので、投資などで殖えてもらうことが必要だとよく言われています。しかし、黙っていて殖えるわけではないんですよね。全くしないよりかはマシですが、ほったらかしにしておけばお金が殖えるなんてことはありません。
投資もいろんな形があって、不動産から太陽光発電なんかに投資するっていう現物投資や、株式投資とか為替などお金にお金を投資する方法というのもあります。もちろん、自分自身を高めるための自己投資という形もありますよね。どんな投資をするのにも、原資は必要で自分が稼ぐ能力を高めるのも有益な投資をするために必要なことです。
投資をするために借金をする方法もありますが、こちらは信用を高めておく必要があります。ある程度の年収や担保とするものがあるかどうかなど、クレジットカードの審査と似たようなことが起こりえます。従って、若くして銀行などから融資を得るためには、お金の力が大きく関わってきます。
不動産や太陽光発電など、それぞれ借金などが必要なのでそれに耐え得るかというのも投資の向き不向きに関わります。不動産に関していえば、日本では地震も多いので、リスクヘッジも重要です。借金を抱えることで、身動きがとれなくなるような気がするなら、不動産には手を出さず、他の投資を検討する方がお金を増やせる可能性が高まります。
敷居が低くなっているものとしては、株式投資や為替などがあります。最近は株主優待なども知名度が上がってきたので株主優待を使って食費を減らす専業主婦さんも増えてきていますね。自分にできる範囲で取引ができるので、大きく稼ぐ必要がない人でも取り組みやすいと思います。また、信用取引などもできるので、原資が少なくてもお金を増やす機会に恵まれる点があります。ただ、その分お金を減らす危険もあるので、勉強は必要です。どんな投資をしてお金を増やすにせよ、日々勉強する覚悟とお金を動かす覚悟が必要といえます。

あの人との自分が持っているお金が何故違うのか

今の自分の年齢から見るともっと貯まっていていいはずなのに。と毎年思っています。アラフォーの私はお金の使い方が本当に下手くそで、一緒に暮らしている二歳年下の彼の、1/10も貯金がありません。 彼と自分の行動を比べてみると、日常のあらゆる場面で、自分はお金の使い方が下手だとしみじみ実感できてしまいます。
例えばついさっきも、二人で使っているスマホの充電器が壊れてしまったので、近所のコンビニまで迷わず向かいました。充電器は、ないと困るものだし、今すぐ買うべきものだからと、なんとなく頭のなかで言い訳をしながら、割高なのがわかっているコンビニに向かうわけです。ここでもう彼と自分とのお金の向き合い方に差がでます。普段からコンビニを使うという発想がない彼だったら、車をもう少しだけ走らせて、量販店に向かっていくでしょう。もしかしたら電気屋さんと量販店と2.3件回ってみて、一番安い店で購入するくらいの粘りを見せたかもしれません。その時点で彼のほうが私よりも、持ち金数百円プラスになったわけですね。
ただこの後恐ろしいことに、私は自分が選んだ「コンビニ」のお決まりのワナにはまってしまいます。ちょっと小腹が空いていたので、フラフラ~ッと引き寄せられて、照り焼きチキンとたまごのサンドイッチを買ってしまうのです。よせばいいのに一緒にカフェオーレもレジまで持っていくのです…。
ここまでで彼の持ち金は、私よりプラス500円にはなたったことかと思います。時間にして多分一時間以内の中で500円も差がつくことを考えると、今まで生きてきたなかで10倍以上の差がつくのは、当然といえば当然ですね。お金を貯められない自分について考えた時、身近に存在するお金の管理ができる誰かとよく比べてみると、その違いが際立ってよくわかるものです。完全によくできる人の真似をするのはちょっとハードルが高いけど、差が開きすぎないようにカフェオーレとサンドイッチをがまんしてみる。(コンビニ3回行ったら1回くらいは)だったら、きっとできるはずだと思うわけでした。